ファンタシスターオンライン2の評価やレビュー

オンラインアクションRPG「ファンタシースターオンライン2(以下PSO2)」は、SEGAが送る、25周年を迎えたファンタシースターシリーズの最新作です。

4730984e974a285ae965e8c33d03ac46

【無料ダウンロードはこちら】download_AppStore

download_GooglePlay1

ゲーム概要説明

このPSO2本編と連動し、キャラクターや経験値、アイテムや資産を共有して遊ぶことができます。

スマートフォン向けゲームが「ファンタシースターオンライン2es(以下PSO2es)」です。

PSO2esをプレイすることで、PSO2本編で様々な恩恵が得られるという補助的作品です。

PSO2本編をプレイしていないと楽しめないというわけでもありません。

スマートフォン向けゲームでありながらも、PSO2のアクション性を十分に楽しむことができるアクションRPGとしてリリースされています。

PSO2と連動せずにPSO2esだけで遊ぶことも可能となっています。

現在もニコニコ生放送「PSO2放送局」などでPSO2とともにアップデート情報などが随時発表されています。

本家PSO2は2012年より続いているオンラインアクションRPGで、

PC、PSVita、PS4などでマルチプラットフォーム化、今回紹介するスマホ版のPSO2esやアニメ、WEB漫画など、幅広く多方面に進出しています。

これはSEGAが謳う“境界を超えるRPG”というPSO2のコンセプトの一つです。

PSO2esは2014年5月よりサービス開始。

2016年12月現在450万DLされていて評価できるアプリです。

エピソードごとにディレクターが変わるPSO2とは違い、PSO2esはサービス開始から現在まで陳智政ディレクターが務めています。

ゲーム内容紹介

基本的なシステムはアクションRPGで、通常のスマートフォン向けゲームです。

行動力を消費してクエストをこなし、キャラクターを育成したり装備やチップを強化して更に協力なエネミーに挑んでいく形になります。

PSO2esの一番のオススメポイントはこのゲームの醍醐味でもある3Dアクションのバトルパートです。

画面タッチで攻撃、チップをタッチしてチップの使用、タイミングよくタッチしてジャストアタック、フレンドのメーターが溜まったらフレンド攻撃、画面のフリックで前後左右に回避アクションを行います。
3D空間でリアルタイムにキャラクターを操るアクション要素の強いバトルになります。
逆に言うと片手間にできるゲームではないので、どっしり構えてスマホゲーをプレイしたい方にお勧めです。
良い成績でクリアするほど良いアイテムがもらえるようになっています。

まずゲームを始めると、新規キャラクターを作成するかPSO2のキャラクターを引き継ぐのかを選びます。
新規キャラクターを選択すると、PSO2本編には劣りますがある程度多彩なキャラクタークリエイトを行い、主人公となるキャラクターを生成します。
既にPSO2本編をプレイしている方はキャラクターを引き継いで遊べるのでそちらがオススメです。

クエストの種類は何種類かに分類分けされていて、本編とは異なるPSO2esオリジナルストーリーを楽しめるストーリークエスト。
多数のステージをクリアしていく、いわゆるノーマルクエストであるアークスクエスト。

それに期間限定のスペシャルクエストや緊急クエストなどがあります。

緊急クエストは基本的に一度ではクリアできない程ボスの体力が多く、フレンドに救援してもらったりして、時間内にボスの体力を削りきればクリアになります。

ストーリークエストはボイス有り、多少選択肢も有り。

内容は本編同様、アークスの一員としてダーカーと戦うという大筋は同じです。

アークスである主人公は後輩アークス「ジェネ」とウェポノイド「モア」の3人チームのチームリーダーとして、ある研究所の爆破事件の生存者を探すミッションを上司にあたる「セラフィ」により命じられ、動き出します。

ウェポノイドとはPSO2本編では出番がないのですが、ゲーム内の武器を擬人化したようなキャラクターで、普段はチップの中にいる、人格を持った妖精のような大きさの、アークスに協力的な種族です。

クエストはフィールドパートとバトルパートで構成されていて、フィールドパートで最深部まで進み、最後に待ち受けるエネミーに到達したらバトルパートでエネミーと戦闘を行い、倒せば無事クエストクリアとなります。
フィールドパートのマスにはエネミーと遭遇、アイテムの入手やHP/CP回復、防御/攻撃アップなど様々な効果があり、うまく活用すればクエストを有利に進めることができます。

チップは装備して戦闘中に使用することで、CPというMPのようなものを消費して、それぞれのチップ固有のアビリティを使用することができます。

チップは通常攻撃より強力な攻撃ができたり、HPを回復したりエネミーを状態異常にしたりと、さまざまな効果を持っています。

チップは他のチップを素材にして強化することで、性能を上げることができます。

また、同アビリティを持つチップを素材にして強化するとアビリティレベルが上昇し、
消費CPが少なくなったり、通常の強化より恩恵が得られます。

強化などは基本的によくあるスマートフォン向けゲームと同じ感覚ですので、
経験者だととっつきやすいかと思います。

ウェポノイドチップを装備してクエストに行くたび、外伝開放ゲージが溜まり、ウェポノイドそれぞれの外伝ストーリークエストもプレイすることができます。

外伝を最後まで開放・クリアすると、ウェポノイドチップの上限開放など様々な恩恵を得ることができます。

入手したチップ数が規定の枚数を満たすごとにチップ研究室で報酬をもらえるのも、
モチベーションをちょくちょく保てる点かもしれません。

ゲームのログインボーナスや課金コンテンツで手に入るラッピーメダルで
いわゆるガチャである「スクラッチ」でチップを引けるので、強力なチップを入手して育成していきましょう。

ゲームのレビューは、3.9です。

snapcrab_noname_2016-12-27_1-49-25_no-00

まとめ

これからPSO2本編をプレイしてみようという方や、既にPSO2本編をプレイしている方に強くおすすめしたいゲームです。
本家PSO2をプレイしている方の3大メリットは

  1. PSO2esと連動して得られる経験値
  2. PSO2es倉庫が利用可能になること
  3. PSO2es専用特殊能力、ソールレセプター

です。

1点目、連動経験値

PSO2esで得た経験値は馬鹿にできない量で、PSO2で新規キャラクターを育成する際には非常に有効です。

ただし、連動経験値量の上限に達するとPSO2本編にログインして一度経験値を適用する必要があったりします。

PSO2esで経験値を稼いだクラス(職)に対応した本編のクラス(職)のみ経験値が反映されるなど、多少注意点もあります。

2点目のPSO2es倉庫

PSO2esをプレイするとPSO2es倉庫というものが無料で使えるようになり、収納は100個までですが、倉庫圧迫の緩和に非常に役立ちます。

PSO2本編はクラス(職)が9つあり、それぞれの武器や防具、他にもキープしておかねばならない種類の多い必要素材あります。

石や餌、ルームグッズ、コスチュームなど、挙げ出すとキリが無いほど非常に多くのアイテムがあり、無料で使える基本倉庫とキャラ倉庫、あわせて500個のモノを収納できます。

それだけあってもまだまだ足りず、1倉庫につき月500円の課金倉庫やプレミアムセットの倉庫などを使用する方もいるかと思います。
そのようなこともあり、無課金に優しいこのPSO2es倉庫は非常に助かる特典です。

ただし、PSO2es倉庫はPSO2esにログインしてから30日で使えなくなってしまうので(引き出しは可)
使えなくなったらまたPSO2esを起動するなり、30日以上間隔をあけないようPSO2esにログインするなりで対処できますね。

3点目のソールレセプター

以前はPSO2esでしか入手できない、武器などに付与できる能力ソールレセプターというものが強力です。

PSO2esで入手し、PSO2本編の露天機能のようなもので高値で売却することで、かなり利益を得ることができました。

しかし現在はPSO2本編のほうで更に強力で手ごろな能力が登場したため、今は前ほど稼げなくなってしまいました。

ですが未だある程度の需要は有り、価格は落ちたもののPSO2esの利点の一つとして挙げるのに十分でしょう。

他にも連動することで良い事は沢山あります。

プッシュ通知でPSO2本編の緊急クエストの発生時間PSO2esが教えてくれたり、ギャザリング(採取)を1日1度限り短時間で行えたりします。
ペットやマグの育成コンテンツにおける餌やりなどをPSO2にログインせずともできるようになります。

PSO2をプレイしている方はもちろん、これからPSO2本編を始めようという方にもお勧めです。
PSO2esはPSO2のウリであるキャラクタークリエイトやコミュニケーション、12人強力レイドボスなどが無く、スマートフォン向けゲームですので本編に比べるとどうしてもアクション要素も劣ってしまいます。

PSO2esを先にプレイして、あまりハマらなかったという方も、本家PSO2をプレイしてみてハマるということは十分あるかと思います。

入門としても丁度良いと思いますし、是非一度プレイしてみて欲しいゲームです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする